スポンサードリンク

含硫黄−カルシウム(マグネシウム)−炭酸水素塩泉[硫化水素型]

■泉質分類
硫黄泉
■旧泉質名
土類硫化水素泉
■泉質特徴
硫黄が多く含まれる温泉。卵の腐ったような硫化水素の臭いがあり、空気に触れると酸化して白濁色になる。「温泉らしさ」で一番人気の湯です。火山の周辺に多く見られる湯です。硫黄泉にはさまざまな効能がありますが、とくに皮膚病に効きます。しかし、刺激が強い泉質なので、病中病後で体力が落ちている人や乾燥肌の人には注意が必要です。
■入浴効能
糖尿病・痛風・便秘・リュウマチ・慢性皮膚病・慢性婦人病・切り傷・糖尿病・高血圧症・動脈硬化症などに効果があります。なお、硫化水素泉の湯気を口から吸入すると痰の切れが良くなる効果もあります。
■飲用効能
下痢の時は飲用できません。
スポンサードリンク

posted by マメ知識 | Comment(0) | TrackBack(0) | 硫   黄  泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23497791

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。