スポンサードリンク

マグネシウム−硫酸塩泉

■泉質分類
硫酸塩泉

■旧泉質名
正苦味泉

■泉質特徴
無色透明無臭・特有の苦味があり、マグネシウム分を多く含んでいるため、血圧を下げ痛みを和らげる鎮静作用があります。この湯は高血圧症や動脈硬化症の予防になるといわれ、一般に「脳卒中の湯」と呼ばれている湯です。浴用で神経痛やリウマチ、飲用では肝臓病や胃腸病に効果があります。硫酸塩は、強張った患部(硬くなった肌)を柔らかくして動きやすくする働きを持っているため痛風や神経痛の症状に効果が高いです。

■入浴効能
血圧を下げて痛みをやわらげる鎮静効果があります。脳卒中・動脈硬化・肝臓・胆石・胃腸病・肥満・胃腸・高血圧などに効果があります。

■飲用効能
胆石症・慢性胆嚢症・肝臓病・肝炎・痛風・慢性便秘・肥満症・じんましん・糖尿病 ・経障害などに効果があります。
.
スポンサードリンク

posted by マメ知識 | Comment(0) | TrackBack(0) | 硫 酸 塩 泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23496893

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。