スポンサードリンク

ナトリウム−塩化物泉

■泉質分類
塩化物泉

■旧泉質名
含臭素食塩泉

■泉質特徴
ナトリウム−塩化物○○○泉と表記されるものは、俗に食塩泉と呼ばれている湯で、なめるとしょっぱい味がします。浴用すれば塩分が肌に付着し、保温効果があるので一般に「熱の湯」とも呼ばれています。ナトリウムイオンは、脳のホルモンを刺激し、女性ホルモンのエストロゲンを上昇させる働きがあるので、女性の更年期障害にも有効。

■入浴効能
血液の循環を促進させ殺菌力が強く、痛みをやわらげる鎮静効果があります。切り傷・火傷・慢性皮膚病・虚弱児童・慢性婦人病などに効果があります。アレルギー体質で皮膚の弱い人・虚弱体質で皮膚の抵抗力の衰えている人は、湯ただれを起こすことがあるので、高温浴や長時間湯船に浸かることは避けてください。また強食塩泉の場合、湯あたりの恐れがあります。

■飲用効能
胃液の分泌を促すので、胃酸欠乏症・慢性消化器病・慢性便秘・慢性胃カタルなどに効果があります。強食塩泉の飲用は害になるので避けるか、薄めて飲んでください。うがいに使えばノドの消炎効果があります。
.
スポンサードリンク

posted by マメ知識 | Comment(0) | TrackBack(0) | 塩 化 物 泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。